<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイ

<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイ



<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイブログ:2015年04月24日


皆様は
体質の部位によって、
脂肪がつきやすいところとつきにくいところがあるのをご存知でしょうか?

体質の部位の中で
脂肪が最もつきやすいのは、ヒップだといわれています。

次にヒップの近くにある、腰に脂肪がつくといいます。
腰周りに脂肪がついてくると、
次のターゲットとして、多くの人が悩むウエストに脂肪がついてきます。

続いて、胸に脂肪がつくようになり、
その後大腿部に脂肪がついていきます。

次に、肩や上腕部といったいわゆる二の腕周辺に脂肪がつき、
最終的には、ふくらっぱぎが脂肪がつき出すといわれています。

減量を実践すると…
先ほどあげた脂肪のつきやすい順番とは逆に、
脂肪というのは落ちていくといわれています。

ですから、まず最初に
ふくらっぱぎについている脂肪が落ちていきます。

そして最終的には、
腰周りについている贅肉がなくなっていくという
メカニズムになっているらしいんですよね。

よく女性の方で
減量したはいいけれど、
落ちてほしくない胸が落ちていっている…という悩みを聞きます。

で、その割には
ウエストの贅肉はあまり取れないというわけです。

しかし上の順番で見ていくと、
胸の脂肪が先に落ちるのは自然の成り行きなんですよね。

もう少し我慢していれば、
必ずウエスト周りの脂肪が落ちてくるはずです。

女性の人は一般的に、
皮下脂肪がつきやすい体質であるといわれています。

皮下脂肪のほうが、
上にあげたような脂肪のつく順番というのは
顕著に出てくるそうですよ!

こういった体質のメカニズムを知っておくことも
減量には有利じゃないでしょうか?

<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイ

<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイ

★メニュー

<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用
<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください
<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決
<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第
<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシック
<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しよう
<レーシックガイド>レーシック選びに口コミサイトを活用
<レーシックガイド>レーシックには保証制度もある
<レーシックガイド>なんと交通費を貰えるクリニックもある
<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)熟練された医師を選んでレーシック