<レーシックガイド>レーシックには保証制度もある

<レーシックガイド>レーシックには保証制度もある


<レーシックガイド>レーシックには保証制度もある
レーシックのアフターサービスの中でも最も重要となってくるのが保証制度となります。
レーシックを受けた後、そのくらいの期間無料で検診や再手術を実施してくれるのかということは、眼科医院毎によって違いがあるのです。 レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。
保証制度の中でも最高のものとされるのが生涯保証となります。
期間を設けることなく一生涯再治療を保証してくれる生涯保障は保証制度の中でも大変魅力的なのです。

レーシックのクリニックを比較をする上での重要な判断となるのが保証期間です。
これはレーシック手術後に余計な費用を追加しないために非常に重要なこととなるので事前に比較をしておきましょう。




<レーシックガイド>レーシックには保証制度もあるブログ:2017年05月29日

結婚して数年経って、
平穏な日々を送っている今も、
ボクにはしばしば眺めている数枚の写真があります。

それは
お母さんと幼いボクが写った数枚の記念写真。

大阪駅の街角で、青い染め抜きの花模様の着物を着て、
微笑むお母さんのそばでにっこりしているおかっぱ頭のボク。

どこまでも広がる黄色い菜の花畑で、
花に顔をうずめている小さなボクと、
それを見守るお母さんの優しい笑顔。

長い一本の道を、
手をつないで歩いていくお母さんとボクの後姿…

子供の頃の思い出の横にはいつもお母さんがいて、
ボクはこんなにもお母さんに見守られて、
育まれてきたのだという実感が、いつも心を暖かくしてくれます。

でも子育てをしてみて
ボクは初めて気がついたことがあります。

それは、
お母さんとの思い出の数々を今日の日まで残してくれたのは、
そのフレームの中にはいない親父だったということ。

不思議なくらい、今の今まで気がつかなかった…

子どもが生まれて、
ボクがカメラを持つようになり、
アルバムを作ってみれば…

そこには、
子どもを抱く夫、
子どもをお風呂に入れる夫、
子どもを子ども寝かしつける夫…

ボクとの写真なんてまるでなくて、
これじゃ将来うちの娘はボクが育児放棄をしたと思うかなぁ…なんて
苦笑いしています。

写真という記憶の不思議。
フレームに存在しないという、存在感。

「気づくのが遅くなっちゃいましたね。お父さん」

でも間に合って、よかった。
今までずっと、ありがとう…

控えめな親父の深い真心に、
ボクは心から感謝しています。

親父のおかげで、
ボクもお母さんも幸せな思い出をいつまでも
抱き続けることができるんですね。
<レーシックガイド>レーシックには保証制度もある

<レーシックガイド>レーシックには保証制度もある

★メニュー

<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用
<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください
<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決
<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第
<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシック
<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しよう
<レーシックガイド>レーシック選びに口コミサイトを活用
<レーシックガイド>レーシックには保証制度もある
<レーシックガイド>なんと交通費を貰えるクリニックもある
<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)熟練された医師を選んでレーシック