<レーシックガイド>レーシックには保証制度もある

<レーシックガイド>レーシックには保証制度もある



<レーシックガイド>レーシックには保証制度もあるブログ:2016年09月02日


ママの身体というのは、
赤ちゃんを産んでから3年間は
母性ホルモンが大量に分泌されるので、
この間は赤ちゃんを育てることを第一に置かねばならない。

3年間も育児をやっていれば、
育児の仕方はなんとなくわかってくるし、
それに母性ホルモンが大量に分泌されることで
自分の体型をママ体型に変えられるので、
体力的に無理なく育児をし続けることができるようになる。

しかし
息子がいては仕事ができなくなるというのも事実である。

本来ならこの時期、育児に専念した方がいいのだから、
もしも仕事をするなら、自宅で仕事をするとか、
自分のママか旦那のママに
息子を預けて仕事をするしかない。

でも、自宅で仕事ができず、
自宅の周りに自分のママや旦那のママがいないなら、
保育園に預けるしかないのである。

保育園というのは、
あくまでもママの都合によって生まれたものであり、
必要悪の存在だと言える。

経済的に余裕があるのなら、
保育園などには息子を預けない。

保育園に息子を預けねば仕事ができず、
仕事をしなければ生活が成り立たないからこそ、
ママの方も未練たらたらで息子を預けるのだ。

保育園というのは幼稚園とは決定的に違い、
保育園は大きくあるべきではなく、小さくあるべきなのである。

息子は3歳まで、
小さな世界で育てるからこそ、脳が健全に育って行くのであって、
余りにも大きすぎる場所で育ててしまうと、
脳が健全に育たなくなってしまう。

だからこそ保育園は小さな組織であるべきなのであって、
保育士たちは常時、息子たちに目を届かせなばならないのだ。

<レーシックガイド>レーシックには保証制度もある

<レーシックガイド>レーシックには保証制度もある

★メニュー

<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用
<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください
<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決
<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第
<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシック
<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しよう
<レーシックガイド>レーシック選びに口コミサイトを活用
<レーシックガイド>レーシックには保証制度もある
<レーシックガイド>なんと交通費を貰えるクリニックもある
<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)熟練された医師を選んでレーシック