<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決

<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決



<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決ブログ:2016年12月05日


人の体質の半分以上は水分からできています。
そのため、ご飯で摂る水分以外に、
新陳代謝や老廃物を排出させる、便秘を予防するなどの働きのためにも、
日々、
1.5~2リットル程度の水分を意識的に摂る必要があるんです。

「水太り」という言葉があるように、
水を飲むと太るのではないかと思っている人もいるでしょうが、
0カロリーである水を摂取して太るということは、まずあり得ません。

もし、水を飲むと太るということがあれば、
それは、何らかの原因で、水分の代謝が上手く行われずに、
体質の中に水分が溜まっていることを意味します。

腎臓に疾患があるというような場合なら別ですが、
特に病気であるわけではなく、
水太りのような気がする場合は、その原因の一つに、
もしかしたら、塩分の取りすぎということがあるのかもしれませんね。

なので、
日々のご飯内容を振り返って、
塩分の多いご飯をしていると思ったら、
改善する必要がありますよ。

水分の代謝をよくするものに、カリウムという成分があります。

カリウムは利尿作用を持ち、
体質の中の塩分と一緒になって、
尿や汗として排出させるという優れた働きがあります。
カリウムは海藻、豆類、乾物に多く含まれていますよ。

塩分の取りすぎ以外にも
6時、顔がむくんでいたり、
夕になると、
脚がむくんでしまうという人っていますよね。

こうした場合は利尿作用のある食材を意識的に摂る、
積極的に体質を動かして汗をかくというように、
水分を体質から排出させる必要があります。

利尿作用の高い食材で代表的なものには、
スイカやきゅうり、レタス、とうもろこし、とうがん、柿などが挙げられます。

また、体質の水分を排出させるようなトレーニングには、
ウォーキングや水泳のような有酸素トレーニングが適しています。
<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決

<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決

★メニュー

<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用
<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください
<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決
<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第
<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシック
<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しよう
<レーシックガイド>レーシック選びに口コミサイトを活用
<レーシックガイド>レーシックには保証制度もある
<レーシックガイド>なんと交通費を貰えるクリニックもある
<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)熟練された医師を選んでレーシック