<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください

<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください



<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せくださいブログ:2014年08月08日


手足に冷えを感じる「冷え症」は、
血行不良が原因で生じるもので、
ダイエットの妨げにもなります。

冷えを改善するためには、
からだの内側から温めることと
からだを温める食事が欠かせません。

まず
からだを温めるには、体幹を温めることが大切です。
体幹とは「からだから手足を抜いた胴体」のことで
いわゆる内臓がある部分です。

からだは生命維持に欠かせない内臓へ優先的に血液を送るため、
冷え性の場合は手足の末端に十分に血液を運ぶことができずに
冷えを感じてしまうんです。

からだを内側から温めるには、
適度な体操を意識して行ないましょう。

体操は血流を良くするので、
末端まで血液が運ばれやすくなります。
代謝も上がり、脂肪が燃えやすいからだに繋がります。

40℃前後のぬるま湯に浸る半身浴も、
からだの内側から温めてくれます。
お風呂上がりには、冷え防止で靴下を履くようにしましょう。

なお、
締め付けすぎる下着や服装は血行不良なりやすいので、
ゆとりのあるものを重ね着しましょうね。

次に食事面では、
冷え症に効果のある栄養素として
主にビタミンEとビタミンCがあります。

ビタミンEは血管を拡げて血行を良くしたり、
ホルモン分泌を調整するはたらきがあり、
ビタミンCは血液の主要材料となる鉄分の
吸収促進や毛細血管の機能を保持してくれます。

他にも生姜や唐辛子などに含まれる成分は、
代謝を上げて、からだを内側から温かくしてくれる作用があります。

寒くて冷え性が辛い季節には、
食事内容の見直しで改善してみてくださいね!

おしまい!!!
<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください

<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください

★メニュー

<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用
<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください
<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決
<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第
<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシック
<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しよう
<レーシックガイド>レーシック選びに口コミサイトを活用
<レーシックガイド>レーシックには保証制度もある
<レーシックガイド>なんと交通費を貰えるクリニックもある
<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)熟練された医師を選んでレーシック