<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください

<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください



<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せくださいブログ:2014年12月24日


皆さん、(#`・Д・´)v<こんにち月火水木金~!!!

過食によって摂り過ぎた栄養が、肥満につながっている…
これは事実です。

だから、
「過食をやめないと、減量なんてとんでもない!」
そんな風に、皆さん思っていると思います。

でも、
過食って実際にこれで悩んでいる人の立場で見ると、
とっても高いハードルです。

これでは、当の本人にとっては
まず減量を始めるための壁が、
ものすごく高いものになってしまいます。

ならば、難しいところはとりあえず置いておいて、
「できるところ」から始めてみればいいのです。

過食を続けていても、別の方法で減量はできます。

例えば、体操。
過食をしていても、体操はできます。
最初は少しづつでいいのです。
肩こり体操10回、肩こり体操10回からで十分です。
散歩10分でもいいのです。
まずは始めてみましょう!

もともと体操の習慣がなかった人は、
これだけの体操をするだけでも、
筋肉が活性化されてきて、筋肉の代謝が上がります。
そして慣れてきたら、徐々に時間や回数を増やしていけばいいんです。

大事なことは、負荷や回数ではなく、「継続すること」です。
もっと言うなら継続できなかった時にでも「諦めないこと」です。
そうして行動していくうちに、
過食との距離もだんだん広がっていきます。

いきなりパッタリとやめようとするとストレスは溜まるし、
過食してしまった場合に自分で自分を責めてしまって、
減量を自分で挫折させてしまいます。

だからこそ
過食と上手くお付き合いしながら、
減量していく事が重要だと、わたくしは思います。

どんとはれ
<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください

<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください

★メニュー

<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用
<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください
<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決
<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第
<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシック
<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しよう
<レーシックガイド>レーシック選びに口コミサイトを活用
<レーシックガイド>レーシックには保証制度もある
<レーシックガイド>なんと交通費を貰えるクリニックもある
<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)熟練された医師を選んでレーシック