<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください

<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください



<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せくださいブログ:2015年02月24日


アンチエイジングには、睡眠の質が重要だと言われていますが、
減量にも同じことが言えるんですよね。

健康的に減量をしたいという方は、
間食やカロリーの高い食事を摂らないようにするだけでなく、
夜更かしもしないようにすることが大切です。

特に注意したいのは、
肌のゴールデンタイムと言われている、
22時から深夜2時までの時間には、
ぐっすり眠っていることです。

この時間は、
肉体のダメージも回復するので、睡眠がきちんとできれば、
肉体も免疫力が高く、カロリーも円滑に消費される肉体になっていきます。

起きていて動いている方が、カロリーを消費しやすいのは事実ですが、
睡眠の時間は「痩せやすい肉体」を作る時間です。

22時から深夜2時までの時間に眠っていることは、
成長ホルモンが活発に分泌されてるので、
免疫力をアップさせる効果もあるのです。

免疫力がアップするということは、
それだけ基礎代謝も上がりますから、
痩せやすい肉体になっているということです。

さらに、昼に摂ったカロリーよりも、
真夜中のカロリーのほうが蓄積しやすいので、
減量をしている人は、
真夜中のカロリー摂取は敵だと思った方が良いでしょう。

仕事で夕食が摂れなかった時など、
ウエストがすき過ぎて眠れない場合は、豆乳ココアをお勧めします。

ココアは、血糖値が緩やかに安定するので、ウエストも満足しますし、
豆乳には美肌効果がありますから、良いことづくめなのです。

豆乳やココアが苦手な人は、
フルーツを生で少量を食べるのであれば、
消化に酵素を使わないので、睡眠に入る肉体に負担をかけませんよ!

<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください

<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください

★メニュー

<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用
<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください
<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決
<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第
<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシック
<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しよう
<レーシックガイド>レーシック選びに口コミサイトを活用
<レーシックガイド>レーシックには保証制度もある
<レーシックガイド>なんと交通費を貰えるクリニックもある
<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)熟練された医師を選んでレーシック