<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第



<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:2014年07月05日


減量にとって、
毎日お風呂に入ることはとっても大切だと思います。

シャワーで済ませてしまう人も多いと思いますが、
毎日ちゃんとお風呂に浸かると、
減量効果が期待できるんですよ!

お風呂に減量効果があるといっても、
お風呂に入れば、脂肪が燃えるということではありません。

実際、入浴で消費されるカロリーはそれほど高くはないそうです。
個人差はありますが、
三十分の入浴でだいたい90kcalぐらいだそうです。

お風呂に入った後、体重を量ると
少し減っていることがありますが…
それは汗で水分が出ていった分が減っているだけで、
水分を補給すればすぐにもとに戻ってしまいます。
ですから、脂肪が燃えて体重が減ったわけではないのです。

では、
お風呂の減量効果って何なのかというと…

まず、お風呂で汗をかくことは、
肉体の中に溜まっていた余分な水分や老廃物を
排出することになるので、
むくみの解消につながります。

さらに、
肉体の芯から温まって汗をかくことで、
肉体全体の代謝が良くなります。

毎日お風呂に入る習慣をつければ、
自然と基礎代謝量が増えることになり、
結果として減量につながるわけですね。

つまり、
お風呂に入ることは、
脂肪を燃やしやすい肉体にしてくれる効果がある
ということになるわけです。

また、一日1回、
ゆっくりリラックスできる時間があるということは、
イライラがたまりやすい減量には
とても大切なことじゃないでしょうか?

入浴剤や音楽、好きな本などで、
自分だけのリラックスタイムを作って、
減量を楽しみましょう!

<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

★メニュー

<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用
<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください
<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決
<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第
<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシック
<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しよう
<レーシックガイド>レーシック選びに口コミサイトを活用
<レーシックガイド>レーシックには保証制度もある
<レーシックガイド>なんと交通費を貰えるクリニックもある
<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)熟練された医師を選んでレーシック