<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用

<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用



<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用ブログ:2015年05月04日


ぼくは親父大好きっ子です。
もし、父母に相談することがあれば、
相談は母親ではなく親父にするくらいです。

そんな親父は
どちらかと言うと世話好きなおばちゃんって感じで、
いつも人の心配をしているような人です。
それでいて、無邪気で、でも男の背中も見せてくれます。

普段は甘えん坊で、
天然ボケみたいなところもありますので、
どちらかと言うと邪険に扱っております。

…が、そんな愛すべきキャラの
親父の強さと悲しさを見たことが何度かあります。

それは祖父が亡くなった時のこと。
ぼくが幼稚園のときでした。

当時のぼくは
親父の置かれていた環境は知るはずもありませんが、
その時親父は
「泣いていない」のに「泣いて」いました。

祖父は心臓病だったのですが、
ぼくたちは、運良く死に目に会うことが出来ました。

なぜ、運良くかといいますと、
親父と祖父は仲たがいをして
長いこと会っていなかったからです。

親父と祖父が和解したのは、
祖父が亡くなった時なのです。
ぼく自身も祖父に会ったのは、その最後の1、2回だけです。

最後の最後で自分の親父と分かり合えたのに、
これで永遠のお別れなんて…

でも、男として涙をこらえていたんでしょうね。
お子さんながらにひしひしと感じるんです。
この人の心は泣いているなって。号泣してるなって。

その時、
とりあえずお子さんたちは外にいなさいと言われたのですが、
その悲しみの大きさを感じて、返事も出来ずに何も言えずに、
ぼくは固まっていました…

人はこんな時、
誰でもそんな風にしてしまうのかもしれませんが、
ぼくは父の中に大きさを感じました。

<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用

<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用

★メニュー

<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用
<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください
<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決
<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第
<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシック
<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しよう
<レーシックガイド>レーシック選びに口コミサイトを活用
<レーシックガイド>レーシックには保証制度もある
<レーシックガイド>なんと交通費を貰えるクリニックもある
<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)熟練された医師を選んでレーシック