<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用

<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用



<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用ブログ:2017年01月19日


皆さんは、
ファスティング減量という減量法を
耳にしたことはあるでしょうか?

ファスティング減量というのは、
野菜や果物のジュースだけを飲みながら減量するというもので、
流行したりんご減量や、
朝バナナ減量と同じようなものです。

こうした方法って、体重が減るのは早いのですが、
その分リバウンドを起こしたり、肉体を壊したり、肌がカサつくなど、
リスクが高いんですよね。

このような減量法は、
単に体重を落とすだけですので、肌のつやが失われ、
美しいプロポーションになるというよりも、やつれた状態になり、
肉体への負担も高くなります。

食べないことで減量するのは安直過ぎますし、
数年後には健康に大きな問題が起こりますよ。

減量にふさわしい食べる事とは、
やはり野菜中心で、1食あたりに、
手の平ほどのサイズのタンパク質と、脂質を摂る必要があるそうです。

正しい減量には、タンパク質や脂質などの、
普通減量時には摂取するのを避けたいと思う食品が、
逆に健やかにボディサイズを減らすポイントになるのです。

しかし、ただ野菜を摂れば良いのではなく、
野菜の摂り方にも工夫が必要です。

野菜はビタミン類と食物繊維の宝庫ですが、
野菜サラダで食べるにしてもドレッシングの質が問題ですし、
野菜サラダだけでは食物繊維が十分に摂りにくいのです。

野菜は、生で食べることで得られる栄養もありますが、
加熱しなければ吸収されにくい栄養素もあります。

大きな野菜サラダボール一杯の野菜サラダより、
一鉢のきんぴらごぼうのほうが栄養は遥かに摂れるんですよね!

<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用

<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用

★メニュー

<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用
<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください
<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決
<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第
<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシック
<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しよう
<レーシックガイド>レーシック選びに口コミサイトを活用
<レーシックガイド>レーシックには保証制度もある
<レーシックガイド>なんと交通費を貰えるクリニックもある
<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)熟練された医師を選んでレーシック