<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください

最近一定の効果を期待することの出来る最新技術のレーシックが登場し、非常に注目を集めています。
モノビジョンレーシックと呼ばれているレーシックであり、遠くと近くがよく見える目を矯正することの出来るレーシックの種類です。 メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。
モノビジョンレーシックを行うことで、貴方の生活環境が大きく変わることでしょう。
補助器具であるメガネもコンタクトレンズもいらない、自然体な裸眼生活は快適なものとなるハズです。

 

老眼鏡は「遠近両用メガネ」とも呼ばれているように、遠いところと近いところ両方見えるようにするためのメガネです。
モノビジョンレーシックというのは、それと同じ効果を手術をすることによって実現することが出来るのです。



<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せくださいブログ:2017年02月23日

みなさんは普段外を歩く時、
どんな歩き方をしていますか?

歩き方ってダイエットと関係あるんですよ。

肥満の人は、自分でも気付かないうちに
歩き方が崩れている事がよくあります。

内股・外股・左右への傾きなど、
直接、脚に影響が出ている場合もあります。

他にも、体質自体が前のめりになっていたり
逆に反りこしだったりと、見た目にも悪く
体質にも負担を掛けてしまっている場合もあります。

女性の場合、
ヒールなどによる脚への負担が、
連日蓄積されてたりします。

その結果、むくみが慢性化したり、
脚の筋肉が硬化したりするんですよね。

太りやすい歩き方とは、
簡単にいうと、
「一直線上を歩けない」「歩幅が狭い」
といった感じです。

太っている人は、股関節が硬い傾向があり、
こしを上手にひねることができず、
自然とこういう歩き方になってしまうものです。

こしを上手にひねって歩けば、
わき腹やこしの筋肉を使うことになりますから
腹も引き締まりやすくなります。

でも、こしをあまりひねらずに、
狭い歩幅で、横に広がって歩いていると、
これらの筋肉が使われないので、
せっかく歩いても筋肉があまり使われなかったり、
脂肪が燃えてくれなかったり、
ダイエットには程遠い効果があるのです。

そうならないためには、少し早足で大股で歩くと同時に、
一直線上を歩くイメージで腰をひねりながら歩くと、
筋肉を鍛えたり、
脂肪を燃やしたりするのに効果があります。

普段なにげなく歩いている時に、
少しこの歩き方を意識すると、
やせやすい体質を作ることができますよ。

こういうちょっとしたことでも
連日積み重ねることで
ダイエット効果が生まれるのです。