<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。 テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。
現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。

 

レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。



<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:2017年08月04日

読者様
∩(´∀`∩) コンバンワッショーイ♪(∩´∀`)∩

夕食は塾の前にコンビニに寄って好きなものを買って食べる…
そんなお子さんたちが増えていますよね。

夕食は
おかしや菓子パンで済ますことが多い…
そんな極端な傾向も出てきているみたい。

時間がないから、めんどうくさいから、という理由で、
好きなものばかり食べる「ばっかり食べ」。

お子さんだけでなく、
大人にもその傾向が増えているようです。

年末年始の忙しい時期、
いつもはちゃんと栄養バランスを考える人も、
ご馳走、あるいはインスタント「ばっかり食べ」で、
食事が偏っていませんか?

「好きなものを食べて、あとはサプリメントでもいいんじゃないの?」
そんな声もあるでしょう。

でも、
サプリメントはあくまでも栄養補助のための健康食品。

健康食品とは一般に、健康の保持増進を目的として、
販売や利用される食品の総称として使われ、
法令上で定義されているものではないんですよね。

むやみに摂取すると健康を害することだってあるのです。
特にお子さんの摂取には注意が必要。
まずはバランスの取れた食生活を第一に考えることが大切なんです。

「食べる」ことには
自分の体で咀嚼して、消化して、吸収する、という大きな役割があります。

消化器官を使って栄養を吸収することで、
さまざまな内臓の機能が活性化されて、
健康な体を保つことにもつながります。

これは、高齢者や病気の方にもいえること。
栄養素を取り入れるだけなら、
日々必要な栄養分を点滴すればいいのですが、
流動食としてでも、なるべくくちから取り入れる方が良いのです。

自分の力で飲み込むことで嚥下の機能を保ち、
消化器を使うことで、内臓の健康を保つ、という大切な意味があるのです。

応援クリックしてね・・・プチ(まあ、ランキング貼ってないけどw)