<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。 テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。
現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。

 

レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。



<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:2017年06月26日

ダイエットのためにトレーニングするのは、
自分の好きなタイミングで良いんですよ!

寝る直前に軽く踏み台昇降をしても、
仕事の合間を見つけて、
踏み台昇降しても問題ありません。

逆に
「この時間にこれをやらなければ」と
思ってしまうとこのことがかえって
プレッシャーになってくることがありますから、

時間があいたときに、
「ちょっと身体を動かそう」
という軽い気持ちでやってみましょう。

そうすれば、連日、トレーニングを続けて行うことに
それほど苦痛は感じないはずです。

ただし、
あまりお勧めできない時間帯もあるんですよね。

まずは、ライスを食べる前のトレーニングは
極力避けるようにしましょう。

腹がすいている時は、
エネルギーそのものが余りありませんから、
エネルギーを消費するトレーニングは、身体に負担をかけるだけです。

また、ライスを食べた直後のトレーニングも
よい方法とは思えません。

経験された方はわかると思いますが、
食後スグにトレーニングすると、気持ち悪くなってしまいます。

また、
腹がけいれんを起こしたり…
腹が痛くなったり…

すると、
「ダイエットのためにトレーニングをしよう」
という、せっかくの意欲も、
なかなか長続きはしなくなってしまいます。

健康的なダイエットの第一の目標は
「トレーニングを生活習慣の中に入れる」ということです。

トレーニングをした時間の長さとか、
激しいかそうでないかということは
あまり気にしないでください。

できるだけ、連日、
しかも長期的に続けることを目標としましょう。

少しトレーニングするだけでいいのです。

習慣づけるということを目標にして、
じっくりと続けることが、ダイエット成功の秘訣なんです。